秋の装い

この頃は風が冷たく、冬が近づいていることを感じさせられます。
京都の寺社仏閣は秋恒例の夜間ライトアップも始まりました。
季節の変わり目は体調を崩される方も多いので、皆様お気を付け下さい。

さて間が空いてしまいましたが、今回は季節毎に楽しめるお洒落、ということで塩瀬の染帯を使ったコーディネートをご提案致します。


弊社でたくさんの作品を発表しています、松田徳通による紅葉柄。
多数の色を使いながらもまとまって見えるバランス感。
紫の帯締がより一層調和をもたらします。

インパクトのある帯ですので、着物は無地場の多い小紋を合わせてみました。
縞の地紋がスッキリと浮き立ちます。

着物の柄で季節感を出すのも勿論素敵ですが、普段お召しになっておられる着物のアクセントとして季節の帯、いかがでしょうか。
四季折々の柄を少しずつ集めるのも楽しそうですね。

弊社には他にも四季やイベントにちなんだ商品がございます。
一年のうち限られた時期にだけ楽しめるお洒落を是非、ご堪能下さい。