花化身

花化身

古典を基本とし、かわいさ、清楚さ、豪華さを、『花化身』らしく上品に、仕上げました。見て、着て、楽しくなる振袖をイメージ。ドキドキ、ワクワクした乙女心と二十才の女性の内面の美しさを引き出して、音符のように心弾む振袖を創作しました。

振袖意匠の歴史は、室町時代から桃山時代に「辻が花」の小袖から変化して着用されていました。
その後、江戸時代に入り、慶長、寛文、琳派、御所解、そして明治には、両褄模様などと変遷し、現代の振袖にその流れが反映されています。もともと「振袖」とは、身頃と袖との縫いつけ部分を短くして、振りを作った袖のことで、そうした袖を持つ小袖形衣服全般をさして、かつ打掛として着用しないものを言います。
女性の成人の儀式に、振袖を着用するのは、未婚女性の象徴であり、華麗で上品、重みもあって、式典、祝賀にふさわしいからです。したがって、柄も古典模様を基本とするべきで、色目に現代的感覚をというのが「花化身」のモットーです。